ソフトバンク・内川、誠也に上林らと自主トレに取材殺到も神対応

【球界ここだけの話】これぞ、神対応。
当然、自身のことだけを聞かれるわけではないが、すべて丁寧に応じた。まず、昨季大活躍の上林について。「みていて頼もしかった。」
でも、まだできる。トリプルスリーが目標みたいで、そう簡単ではないけど目標は成長のために大事。僕も負けられない。
そういう後輩がいて幸せだし、刺激を与えられるように頑張りたい」。続いて、広島のメディアからだ。「(鈴木は)いまはチーム内川の一員だけど、いつかチーム鈴木誠也になってもらわないと。
来るたびにスケールが大きくなってうらやましいけど、大きくなると最初にやったことを忘れがち。自分もそうだったから、同じ思いはしてほしくない。原点は忘れないで 長崎のテレビ局も名を連ねた。
目当ては、同県出身で今回から入門した増田珠内野手(19)「何でも積極的にやってくれてチーム内川の刺激になります」。まず褒めると「明るくていいけど、その明るさに逃げてしまうこともあるんです」と指摘。
増田の魅力は元気だ。大声で場を盛り上げるが、勢いに頼るあまりに生まれる雑さ。本人にも「そういうことはキャンプでできる。」
いまはそうじゃなくていいと話をしたという。どうみていて、どうなってもらいたいのか。ただ丁寧に話すだけでなく、1つの質問に「10」の答えが返ってくるのだからありがたい。
きっと弟子たちに対しても同じなのだろう。自ら誘った選手は一人もいない。全員が志願。
今回は預かりきれずに断った選手もいたほどの人気だ。「本当は一人の方が効率はいいけど。来てくれる選手がいるのは幸せなこと。」
彼らの人生も背負ってやっています 大所帯の練習は長いが、内川は全員のメニューが終わるまで残る。自主トレ公開に合わせて毎年、報道陣との食事会も開く背番号1。活躍を願う人間は多いはずだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。