元阪神・今成氏「悔しいこともあったけど…」現在の懐事情もテレビで告白

昨季限りで現役を引退した元阪神の今成亮太氏(31)が、毎日放送「せやねん!」に出演。
戦力外となったことに「寂しい」と語る一方で、「またユニホームを着させていただけるのはうれしいとアカデミーコーチ就任を喜んだ。現役時代より少しほっそりした印象だが「コーチなので、そこそこ(体重増には)気をつけている」と健康管理は怠りない。共演した吉本新喜劇の宇都宮まきから「貯金はあるんでしょう?」という懐事情の質問に、「あると思われがちですけど…」と言葉を濁し、高額年俸選手は一部であるとした。
現在は「実際、半分以下」と収入についても告白。さらに“退職金の前渡し“とも言われる契約金についても、すでに手元には残っていないことを明かした。「両親にあげたりとか、僕が使ったわけじゃないんですけどと苦笑い。
プロ野球選手のときとは生活水準を替えなければならず「家を引っ越したりとか」と、堅実に第二の人生もスタートさせた。現在は野球に例えると「3回序盤です!悔しいこともあったけど、これまでのことを無駄にしないように頑張っていきたい」と前を向いた。また大腸がんを公表した原口文仁捕手には「同じ埼玉県人。
まじめな性格で、よくなってほしいとエールを送っていた。今成氏は、埼玉県出身。浦和学院高校から2005年、日本ハム高校生ドラフト4位で指名され契約金3000万円、年俸480万円(金額は推定)で入団。
2012年4月、若竹竜士との交換トレードで阪神タイガースへ移籍。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。