石岡一センバツ出場 21世紀枠、初の甲子園

第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞社大阪本社で開かれ、本県から石岡一が21世紀枠で選出された。
近年は県大会上位の常連でもあり、2016年春には初出場の関東大会で初勝利し、翌17年春の関東大会で初勝利し、翌17年春の関東大会に2年連続出場した。
地域の人々やOBの方々に恩返しできるよう励みたいと表情を引き締めた。21世紀枠は2001年の大会から導入された制度。前年の秋季都道府県大会で好成績を収め、他校の模範となり、困難な条件を克服した学校などが選出対象となる。
(桜井優)★石岡一1910年に現在の校名に改称。2007年には八郷と統合した。
全日制では普通科、園芸科、造園科を備えており、地域に密着した教育が特長。野球部の現在の部員数は46人(うち女子部員1人、女子マネージャー3人)重量挙げ、バドミントンなども強豪。
石岡市石岡1の9。大和田俊一校長。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。