阪神岩貞、原口との共闘誓う「一緒にお立ち台に」

原口よ、また一緒にお立ち台に立とう!! 阪神岩貞祐太投手(27)が同い年で大腸がんを公表した原口文仁捕手(26)との「共闘」を誓った。
「一緒にお立ち台に立てれば最高。そのために、治療に専念してほしい。原口が戻ってきたとき、チームがいい状態であることが一番です」。
岩貞が原口から病状を聞いたのは公表前日の23日だった。チーム内の同い年でグループを作るLINEで報告を受けた。原口は「余計な心配をかけちゃったね」と伝えてきたという。
岩貞は「病気のこともしゃべりました。「できることは少ないけど頑張れよ」と伝えましたと振り返った。かけがえのない仲間だ。
岩貞が「プロ5年でベストゲーム」というのは16年5月27日巨人戦(東京ドーム)のプロ初完封だ。リードしたのは原口だった。「自分のいいところを引き出してくれたといまも感謝する。
16、17年はともに甲子園のお立ち台に上がった。「私生活もいろいろ相談できる仲間。1日でも早い復帰を。」
「それだけ望んでいます」。また一緒にスポットライトを浴びる日まで、それぞれの“戦場”で全力を尽くす。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。