DeNAの名馬、山崎が今年も守護神フル稼働誓う

今季も「無事これ名馬」!DeNA山崎康晃投手(26)が26日、ベイスターズ球場で今年初のブルペン入り。
一見、スローペースにも思えるが、5年目を迎える守護神は、あくまで長いシーズンを見つめて調整に励む。「ここまでケガなくやれていることが1番。「無事これ名馬ではないけど、今年も1年、ブルペンが誰1人欠けることなく頑張っていきたい」。
1年目から大きな故障もなく、守護神として君臨。4年間で通算133セーブを積み上げてきた右腕だけに、言葉には説得力がある。さらに今年は、昨季11勝で新人王を獲得した東が、左肘違和感のためキャンプ2軍スタートが決定。
「先発の柱」が不安を残す中で、「絶対的守護神の健在ぶりはチームに何よりの安心感をもたらす。「タイトル(最多セーブ)は取れたけど、それは昨年の話。自分に満足してはいけないし慢心もない。
目の色変えて優勝目指して走り始めた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。