DeNA筒香が語った球界の問題点「若い世代に多い『勝利至上主義』が原因」

DeNAの筒香嘉智外野手が25日、都内の日本外国特派員協会で記者会見を行い、外国特派員などのメディアに対して、日本の野球界の問題点などについての持論を語った。
そして日本の野球界、スポーツ界。それを余すことなくお伝えするため、複数回に渡って掲載していく。
「本日は僕自身が感じているスポーツ界、野球界の現状について「もっと良くなるにはどうしたらいいか」考えていることを話したいと思いますと切り出して始まった会見。そこで筒香はまず「野球界は人口が減少していますが、少子化のスピードより6~10倍のスピードで減っているという調査があります。また小さい子供たちが、野球をやりたいのにも関わらず無理をして怪我をしたり、手術をして野球を断念したという話も聞きます」と球界の現状を説明した。
さらに「昨年は野球界だけでなく、スポーツ界全体で、指導者と選手についてさまざまなニュースが取り上げられました。現状のままで、未来ある子供たちが、好きなスポーツ、野球を続けていいのかという問題があります。なぜそんな問題が起きるのかということをみんなが深く掘り下げて考えていかないと、また同じような問題が起きてしまうと僕は考えています」と、野球界にとどまらず、近年不祥事の相次いでいるスポーツ界全体への問題を提起した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。