DeNA筒香が語る球界の未来 増える子供の怪我は「トーナメント制が弊害」

25日に都内の日本外国特派員協会で記者会見を行ったDeNAの筒香嘉智外野手。
現在、小学生や中学生、そして高校野球と多くの大会が、一発勝負のトーナメント制で行われる。負けられない試合が続くことで、例えば、1人の主戦投手に登板が偏り、その子供に過度に負担がかかることがあり、それが結果的に怪我に繋がるリスクとなる。だからこそ、筒香も「トーナメント制が大きな弊害です。」
体が出来上がったプロ野球でさえもリーグ戦なのに、体ができていない子供がトーナメントで戦っていますと指摘する。さらには「皆さん良かれと思ってのことですが、全国で大会数がかなり増えています」と筒香。子供たちがより多くの試合を戦えるように、という考えもあるのだろうが、毎週、毎月のように様々な大会が行われている現状がある。
大会数の増加は、必然的に勝ち進んだ場合の試合数の増加は、必然的に勝ち進んだ場合の試合数の増加に繋がるだけに「トーナメントでやると勝つにつれて試合数がかなり増えて、日程的にも休みがない状態になります」と筒香も指摘した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。