【巨人・羽ばたけルーキー】〈1〉ドラ5松井義弥、バスケットボールで打ち込み

春季キャンプが目前となり、巨人の次世代を担うルーキーたちのアピールも始まった。
松井は鋭い打球を飛ばしても「まだまだです」と満足しない。“長打”ではなく“強打”にこだわる。
遠くに飛ばそうとすると自分の場合はスイングが崩れやすい。なので遠くより強く。結果、それが長打となればいいと振り返った。
強打を身につけるために、鍛錬を積んできた。小学生の頃からチームの練習後、自宅で父とバットを振った。その際に用いたのは、バスケットボールやドッジボール。
「重たい大きいボールに負けないように。反発するから、それに負けないように打ち込むというトレーニングをやっていました」。高校通算40本塁打を生んだルーツはここにあった。
左の強打者で「巨人の松井」と言えば、松井秀喜氏=ヤンキースGM特別アドバイザー=が浮かぶ。「ジャイアンツの4番といえばやっぱり松井秀喜さん。尊敬している方です」。
名字が同じことから「九州のゴジラ」と称されている松井は、現役時代の本家・ゴジラの活躍を動画で見て勉強している。「バッティングが自分の長所でもありますし、今後も伸ばしていきたいと松井。将来の目標はでっかく「4番で本塁打王」。
球団生え抜きでは2002年、憧れの秀喜氏以来となるタイトルへ向け、強烈な打球をかっ飛ばす。(小林 圭太) ◆松井 義弥(まつい・よしや) ▼生まれとサイズ 2000年6月18日、福岡・田川市生まれ。18歳。
191センチ、90キロ。右投左打 ▼球歴 金川中では軟式野球部で投手。折尾愛真高では1年春からベンチ入りし、同年夏から4番。
3年夏は主将として同校を春夏通じて初の甲子園出場に導いた。高校通算40本塁打。140キロ級の直球を投げ込む強肩の持ち主 ▼伝説 中学時代、軟式球をかっ飛ばし、70メートル先の校舎の窓を破壊 ▼意外な一面 50メートル6秒1の俊足 ▼好きな食べ物 甘口のカレーライス。
「子ども用のアンパンマンなどのキャラクターがパッケージのカレーライスが大好きです」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。