【西武】ドラ1松本、ブルペンで25球…母校・明石商のセンバツ出場に「励みになる」

西武のドラフト1位・松本航投手(22)=日体大=が26日、西武第二の室内ブルペンで25球を投げた。
安定してるよねと目を細めた。キャンプA班(1軍)スタートは決定済み。着実な調整ペースをさらに後押しする朗報が飛び込んだ。
母校・明石商(兵庫)のセンバツ出場が決定。ドラフト指名後の昨年11月中旬から3週間、母校で保健体育の教育実習を行い、野球部の練習も連日手伝っただけに「“教え子”ですから率直にうれしいです」。実習期間中は主に投手の指導にあたり、大学で取り組んだトレーニングメニューなどを伝授した。
「1球1球にかける思いが全員に浸透していることが、練習を見ていても分かった。すばらしいチームです」と、開幕1軍へ向け気持ちを新たにしていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。