DeNA東、キャンプ2軍も「焦っても仕方ない」

左肘違和感のために春季キャンプ2軍スタートが決まったDeNA東克樹投手(23)が「焦らずに」と強調した。
ただ、1度やっている場所なので、良くなっていく目安もだいたい分かりますと現状を説明。ノースローが続くものの「いま焦っても仕方ないので。焦らずに、ペースを上げられると思った段階で上げていきたい。」
まずは治すことが一番と話した。開幕投手の有力候補とされる中での出遅れになったが、表情は決して暗くない。この日は球場に集まった数百人のファンに、1時間半かけてサインを書いた。
「こんなに長く書いたの、初めてかもしれませんね」と笑った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。