【オリックス】ロメロ「軽くなったことで負担減」気合の5キロ減…44万円かけ自宅にジム

オリックスのステフェン・ロメロ外野手(30)が27日、米国から関西空港着の航空機で来日した。
過去2年連続でけがに泣いた助っ人が引き締まった体で戻ってきた。在籍2年目の昨季は119試合で打率2割3分7厘、25本塁打、63打点に終わったが、帰国の際に「来季は打率3割3分、35本塁打、100打点が目標」と豪語。その決意を表すようにジムを完成させた。
「代理人を通じてやってもらった」と4000ドル(約44万円)の“特別価格”とはいえ、100平方メートルの空間に大量のダンベルやマシンを設置。週6回は鍛え上げ、「チームの勝利に貢献したいと力こぶを作った。この日来日したディクソン、マレーロと力を合わせ、4年連続Bクラスから押し上げる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。