【ロッテ】千葉出身の横浜・及川を今秋狙う…匝瑳市生まれ

ロッテが今秋のドラフト上位候補として、センバツ出場を決めた横浜の及川(およかわ)雅貴投手(2年)をリストアップしていることが27日、分かった。
近年のドラフトでも地元選手を積極的に指名し、オフは千葉・勝浦出身の丸獲得にも乗り出した。昨秋は中日がドラゴンズジュニア出身の丸獲得にも乗り出した。昨秋は中日がドラゴンズジュニア出身の丸獲得にも乗り出した。
今秋のドラフトは佐々木(大船渡)、西(創志学園)、奥川(星稜)ら高校生投手が豊作。及川はまだ粗削りな部分を残すが、その分、伸びしろが見込まれ、今後さらに評価を上げる可能性もある。ロッテは横浜のセンバツ初戦をスカウト全員でクロスチェックする見通しだ。
◆及川 雅貴(およかわ・まさき)2001年4月18日、千葉・匝瑳(そうさ)市生まれ。17歳。小3から軟式の須賀スポーツ少年団で野球を始め、6年時に千葉ロッテマリーンズジュニア選出。
八日市場二中では匝瑳シニアに所属し、U―15W杯日本代表で大会最優秀防御率。横浜では1年春からベンチ入りし、2年連続で夏の甲子園出場。183センチ、73キロ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。