球数制限は導入すべき 筒香が語る思い「大人の都合ではなく、子供達の将来を」

25日に都内の日本外国特派員協会で記者会見を行ったDeNAの筒香嘉智外野手。
そのリスクを軽減するために、昨今、導入についての声が挙がっているのが「球数制限」だ。そして、筒香は子供たちのためにも、この「球数制限」を導入すべきだという。「高校野球は「教育の場」とよく言われていますが、子供たちが甲子園でやっているのは「部活動」です。
昨年も球数問題が出るなど、いろんな声が上がっていますが、大人の都合ではなくて子供たちの将来を考えることが一番大事だと思います 球数制限を導入することへの懸念はある。
力のある選手を数多く抱える強豪校が有利になる。さらには待球や、ファールで粘って投手に球数を放らせるような作戦に出ることもあるだろう。それでも筒香はまず第一に、子供達の「未来」を守ってあげることが優先されるべきことだという。
これまでも「球数制限」は議論の対象となってきた。今春の新潟県大会では「球数制限」が導入されることとなったが、これに対しても否定的な声はある。会見に参加したメディアから「球数制限の導入はどれくらい難しいと思うか?」と問われた筒香は「僕は連盟に加盟していないので、中のことはわかりませんが、子供たちの将来を考えることが一番という思いを全員が持てば、そんなに難しい話ではないと思います」とキッパリと言い切ったのだ。
さらにはWBCなどの国際大会で「球数制限」が導入されている点を挙げ「大人が「球数制限」で守られているのに、子供たちが守られていないのはおかしいと思いました。「球数制限そのものには違和感はありませんでしたとした筒香。子供達が戦う大会にも制限の導入があっていいのでは、と筒香は考えている。
子供達の将来を守る上での指導者や親の果たすべき役割の重要性も筒香は語っている。次回は「指導者と親の役割」について、筒香が語ったことを紹介する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。