阪神・ジョンソンが入団会見「福留さんはレジェンド」米球界時代に面識

阪神に新加入したピアース・ジョンソン投手(27=前ジャイアンツ)が28日、西宮市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。
カブス時代に日本野球の素晴らしさを伝え聞き、日本球界への興味を持ったという。実績も十分だ。17年にメジャーデビューを果たすと、昨季はジャイアンツで計37試合に登板し、3勝2敗。
1メートル88の長身から繰り出す直球はアベレージで150キロを誇る。谷本修球団本部長は「ストレートだけでなく、あらゆる球種で空振りが取れる投手」と評し、大きな期待を寄せた。ジョンソンは米球界時代に福留とも面識があるという。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。