阪神1位近本が新助っ人マルテから勉強する理由とは

マルテ先輩からも学びます! 阪神ドラフト1位の近本光司外野手(24=大阪ガス)が27日、新人合同自主トレを打ち上げた。
新助っ人マルテとのコミュニケーションに話題が移ると、近本の表情は少し不安げになった。「基本的に英語ですかね…」と苦笑いしつつも「しゃべりたいですね」と覚悟を決め直す。一塁を想定される大砲候補と、俊足巧打のドラ1ルーキー。
明らかにタイプは違うが、それでも沖縄で距離を詰めておきたい理由があった。「技術とか科学とかは向こうの方が早い。練習する姿だったり、アップ1つにしても、また違うと思う。」
しっかり見たいですね大阪ガス時代、メジャーで活躍するプレーヤーの立ち振る舞いについて、先輩から聞かされたことがある。「そういう選手は生活のすべてを野球につぎ込んでいる、と教わりました」。27歳にしてメジャー通算30発のマルテもまた貴重な教材になる、ということだ。
角度をつけて打球を上げる「フライボール革命」がメジャーで定着すると、自身も昨夏に挑戦。「腰の使い方とか、メジャーの体の大きい選手と自分とでは違いがあった。自分の長所がなくなったり、タイミングがズレたりして…」。
理論の導入は断念したが「挑戦すれば次に生かすこともできる」と振り返る。もちろん、技術もトレーニング方法も、ただ単にまねるつもりはない。「メジャーがすべて正しいとも思わない。
「日本人の体つきもあるので」。まずは引き出しを増やし、成功の確率を高めていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。