GGBOYZが連覇!スプラトゥーン甲子園全国決勝

これが絶対王者だ。
第1戦の残り時間1分25秒だ。主導権を探り合う中盤で、相手の勝負手「スーパーチャクチ」を粉砕した。高く跳び上がった後に急降下し、インクをたたきつけて周囲を攻撃する必殺技。
フォークボールのように突然落ちてくる動きを読み切り、完璧に捉えた。1秒足らずの間に軌道を見切ると、下から打ち抜いて着地を許さなかった。倒されれば復活に約10秒かかる危機を打開し、攻勢に転じる特A難度の「スーパーチャクチ狩り」。
値千金の逆転弾だった。不動心が圧倒的な技術を支えた。優勝後「僕がスプラトゥーンの王なのかなと思います」と言い切った。
勝利のカギを握るのは相手を捉え、攻撃する「エイム力」。野球に例えるならばミート力だ。大舞台で多くの選手は指先が乱れがちだが、たいじは人気動画配信者。
視聴者数万人以上の環境に慣れており「プロゲーマーとして、大舞台で力を出さないとアマとプロの差は、ないです」と心がぶれることがない。日々の練習は3時間以上。頭痛があっても痛み止めを飲み、コントローラーを握ってきた。
観客と相手の想像を超える技を見せ、勝つ。一瞬のスキを逃さない王者の貫禄が光った。【島根純】○…訪れた日本野球機構(NPB)の関係者も逸材に期待した。
高田浩一郎総合企画室長(53)は「競合してもおかしくない。強いチームは核がある。たいじ選手なんかはそう。」
仲間が倒されてもバックアップできていると王者を絶賛。2月中の選考会を経て、3月3日に12球団で行われるドラフト会議での複数指名を期待した。○…ドラ1候補に躍り出た。
甲子園の先の舞台として5月18日から「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」が開催予定。「GGBOYZは争奪戦必至で、たいじは「(NPB主催の)パワプロで負けたので、スプラでは勝ちたいと“冬春連覇”を誓う。日本野球機構(NPB)の高田浩一郎総合企画室長(53)も「強いチームは核がある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。