【巨人・羽ばたけルーキー】<3>増田陸、坂本後継者へ「将来はキャプテン」

増田陸はひときわ大きな声を発し、ノックを受けていた。
「将来、キャプテンやりたいですね」。主将、右打ち、遊撃手、リードオフマン…と共通点の多い背番号6の後継者になることを目指している。プレーにおいても持ち味は「積極性」だ。
「ヒットでもいい。でもホームランの方がチームが乗る。ましてや先頭打者ホームランは盛り上がる」。
高校時代、1番打者として常に狙っていたのは本塁打。センバツに向けて練習に励み、体重を冬場だけで10キロ増量させ80キロに。パワーヒッターとして、進化を遂げた。
守備は「(打球を)捕ってからの速さをウリにしている。ボールさばき、逆シングルの捕球の仕方など、まさに坂本勇のよう。同じ遊撃手としてポジションはかぶる。」
「今は坂本さんにほれてていいけど、いつまでもほれてばかりじゃいけない。近い将来、ショートのレギュラーを僕が取りにいきたい」。プロでも狙うは、「先頭打者弾」。
“盛り上げ隊長”が己のスタイルで、憧れの先輩の座を脅かす存在となる。(小林 圭太) ◆増田 陸(ますだ・りく) ▼生まれとサイズ 2000年6月17日、大阪市此花区生まれ。18歳。
178センチ、80キロ。右投右打 ▼球歴 春日出中では大阪福島シニアに所属し、早実・野村大樹(ソフトバンク3位指名)らとチームメート。明秀学園日立高では1年秋から遊撃のレギュラー。
昨年のセンバツでは1番打者として16強入りに貢献した ▼坂本勇の大ファン 入寮時には坂本勇の写真を持参し、部屋の入り口に飾っている ▼ニックネーム りく、りっくん。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。