【阪神】新外国人・マルテが来日 ドリスが太鼓判「ヤクルトの山田」

阪神の新外国人、ジェフリー・マルテ内野手(27)=エンゼルス=が28日、関西空港着の航空機でドミニカ共和国から来日した。
体重76キロの細身にもかかわらず圧倒的なスイングスピードで、最近5年間で163本塁打の長打力を誇る。マルテは23キロも重い99キロだが、本家ばりの小顔。引き締まった肉体を見た剛腕は「パワーがあるのが彼一番のいいところ」と絶大な信頼を寄せた。
一塁で起用 この日、矢野監督はマルテの一塁起用を明言。4番に固定できれば、リーグ最小の85本塁打に終わった昨季から大幅な得点増も見込める。29日に入団会見を控えるマルテは「日本に着いてとても興奮しています。」
早くチームメートに会えるのを楽しみにしていますとコメントするのみだったが、機上では、ドリスに日本の野球、文化などの質問を積極的に重ねたという。助っ人版“虎の山田”が矢野阪神の攻撃の核になる。(中村 晃大) ◆スリム化に成功した。
オーバーウェートだった昨オフの反省を生かし、今オフは食事制限などで約3キロ減量して来日。「体重を落とした方が自分としても動きが軽快になると自信をのぞかせた。昨季は32セーブを挙げ、通算100セーブまで残り23。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。