ゴリラにカラス…ロッテ新外国人バルガスら濃厚会見

ゴリラにカラス!?ロッテの新外国人、ケニス・バルガス内野手(28=ツインズ傘下3A)ジョシュ・レイビン投手(31=ブレーブス)ブランドン・マン投手(34=レンジャーズ)が29日、ZOZOマリンスタジアムで入団会見を行い、爆笑のパフォーマンス合戦を繰り広げた。
プエルトリコのウインターリーグでMVPに輝いた大砲バルガスは、レアード(前日本ハム)の「すしポーズ」に対抗した。「ゴリラと呼ばれていたんだと言いながら、本塁打した時のゴリラパフォーマンスを披露した。右手甲にはゴリラの顔のタトゥー。
今季NPB最重量、133キロの巨漢が金髪・金縁眼鏡で「ウオオ」と胸をたたく姿に会見場は大いに盛り上がった。セットアッパー、抑え候補のレイビンも負けていない。「目標はクローザー。
僕がセーブを挙げたらスタンドのファンにやってほしいとおもむろに立ち上がり、「カー、カーと鳴きながら鳥が羽ばたく物まねを始めた。名前が似ているアメフットチーム「レーベンズ」のマスコットがワタリガラスであることをもじったようだ。日本語で「よろしくおねがいします、がんばります」とあいさつした元DeNAブランドンは完全に優等生キャラに。
撮影タイムは「闘魂」「必勝」「一番」の漢字ハチマキを巻いて並び、ガッツポーズする左腕の横で2選手が「ウオオ」「カー、カー」と動き回る濃すぎる「画」になった。サービス精神満点の新助っ人たちだが本業も期待大。井上、レアードと重量打線が予想されるバルガスは「チャンピオンリングを取る。
そのために打点を稼ぐと話し、シーズン50本塁打宣言。松本球団本部長は「良い状態で日本に来てくれた。非常に頼もしい」と笑っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。