引退の元中日ジー、“663位入団”からの活躍に称賛の声「素晴らしい野球人生」

昨季、中日に在籍したディロン・ジー投手が28日(日本時間29日)に自身のインスタグラムで現役引退を表明した。
中日には昨季加入。大きな期待を受けたが、不運な形で4試合登板、0勝3敗、防御率4.00という成績に終わっていた。来日前には、メジャーで実績を残した。
2010年にメッツでデビューを果たし、翌2011年にメッツでデビューを果たし、翌2011年にメッツでデビューを果たし、翌2011年に13勝を挙げて、2度目の2桁勝利をマーク。2013年にも12勝をマークした。
特にメッツ時代の活躍は、ファンの脳裏にも刻まれているはずだ。「ディロン・ジーが引退を発表するとのタイトルで報じた米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーモアズ」では「ジーが担った役割が最も顕著だったのは、彼が最初に所属したメッツ時代の2011年?2014年だった。その期間で、彼は主に球団のローテーションの常連だった。
ジーは101試合に登板し、うち98試合は先発としてだった。そして、彼は常にメッツにとって信頼のおける投球を重ねていったと、そのキャリアを振り返っている。2007年のドラフト21巡目(全体663位)という下位指名からメッツでスタートさせたプロ人生。
しかし、そこからメジャーの椅子を勝ち取り、結果を残した。記事では「彼は比較的若くして引退することになるけれども、ジーはかなり素晴らしい野球人生を送った。彼は1300万ドル(約14億2000万円)を超える金額を手にした。」
その金額の多さたるや、ドラフト21巡目の選手のほとんどが稼ぐことができない類のものであるとも言及している。2012年には右肩の血栓の手術も受けた。「MLBトレード・ルーモアズは、ジーがそれでも2017年には右肩の血栓の手術を受け、2016年シーズン後には胸郭出口症候群の手術も受けた。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。