【巨人】クック、Rソックス時代の同僚・上原と方程式再結成を熱望「役割を果たしたい」

巨人の新外国人、ライアン・クック投手(31)とクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)が29日、G球場を初訪問し、キャッチボールやノックなど約1時間半の練習で汗を流した。
メジャー時代にトレードマークだったひげもさっぱりそり、紳士的な姿で選手やスタッフとあいさつを交わした。「(移動の疲れもあり)もっと(体が)張ってるかと思ったけど、驚くほど動けた。(状態は)とてもいいよと笑顔がはじけた。」
ヤングマンとのキャッチボールでは直球にスライダー、チェンジアップも披露。既に米国内でNPB統一球を使って投球練習をこなしていたと話し、「感覚は問題ないと力強く語った。」
15年にRソックスで同僚だった右腕に、16年10月のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた後の経緯などを報告した。「上原さんと勝利の方程式を担えたらいい。最後を締めるような、大事なところを任され、役割を果たしたい」。
連日のブルペンで捕手を立たせ49球を投げた上原も「いい感じで投げられた。(クックは)クローザーやってたし、精神面は強いですよ。引き出しも持ってる」と活躍に太鼓判を押した。
15年、上原はRソックスのクローザーとして25セーブをマーク。クックは、その年のシーズン途中にアスレチックスから移籍し、5試合で防御率5・29の成績を残した。
登板17イニングを大きく上回る23奪三振をマークし、奪三振率12・2と高い数値を誇った。原監督から「クッキー」と呼ばれる新助っ人が結成を見据える“コージ&クッキー”リレーも夢ではなさそうだ。活躍の舞台を日本に移したが「ピッチャーであることに変わりはない。
キャンプなどで具体的なイメージができると思うと、最速155キロ右腕。守護神の筆頭候補が、堂々と日本での第一歩を踏み出した。(河原崎 功治) ◆原巨人「勝利の方程式」 ▽02年 原監督就任1年目。
岡島、條辺から抑えの河原につなぐリレー定着。▽07年 越智、山口の「風神雷神コンビ」躍進。
抑えのクルーンも盤石。▽13年 山口、マシソン、西村の3人が鉄壁でリーグ連覇を達成。西村は71登板42セーブで最多セーブに輝く。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。