【田淵幸一の目】穴見つからない筒香の新フォーム 逆方向への一発も増える

筒香の新たな打撃フォームを見て、全体的に自然体の構えになったな、との印象を受けた。
最短距離でバットを出してインパクトへ。これなら直球に遅れることもなく、変化球もぎりぎりまで引きつけることが可能になる。逆方向への一発もより増えるだろう。
私自身も大学時代、バットを高く掲げて構えていた。しかしプロでは力のある直球にバットが遅れる。そこで、入団1年目に下げた。
現時点の筒香の打撃フォームにも大きな穴は見つからない。昨春のキャンプで脱力打法を取り入れたように、筒香は毎年のようにフォームを微調整する。変化を恐れない姿勢は非常にいいと思う。
将来のメジャー移籍も視野に入れる中で、「これが筒香だとの打撃へ模索を続けているのだと思う。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。