【MLB】大谷に敗れたアンドゥハー、ソトに圧勝で“ドミニカ新人王” 選手間投票と2冠

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手が28日(日本時間29日)、ドミニカ共和国の「新人王」に選出された。
合計202ポイントで、今季22本塁打、70打点で昨年11月の日米野球にも出場した2位。
しかし、選手間投票によって決める新人王「アウトスタンディング・ルーキー・アワード」に選出されていた。なお、地元メディア「reconocidos.net」によると、同賞は過去に元阪神のウィリン・ロサリオ、エンゼルスのアルバート・プホルス、メッツのロビンソン・カノ、元レッドソックスのハンリー・ラミレス、ヤンキースのゲイリー・サンチェスらも受賞しているという。アンドゥハーもスターへの道を歩めるだろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。