エース&二塁手&主力捕手が移籍で「新時代」プランは? 西武のキャンプ見所

西武の春季キャンプは2月1日から宮崎・日南市(南郷町)で行われる。
名誉ある開幕投手の座をめぐって、見応えのあるアピール合戦が繰り広げられることが予想される。現時点で開幕投手の座をめぐって、見応えのあるアピール合戦が繰り広げられることが予想される。現時点で開幕投手候補筆頭に挙がっているのは、昨季の最多勝・多和田真三郎投手だ。
プロ3年目を迎える今井達也投手も、次世代エースとして大きな期待がかけられる。そして、巨人から人的補償で移籍してきた内海哲也投手は、開幕投手を3度経験した大ベテラン。いずれにしても若い投手陣にとって、通算133勝の一流左腕の存在は、素晴らしい教材となるだろう。
2018年ドラフトルーキーの投手では、1位・粟津凱士、6位・松本航と4位・粟津凱士、6位・粟津凱士、6位・森脇亮介がA班(1軍)メンバーに抜擢された。森脇は26歳のオールドルーキーであるだけに、即戦力の活躍が求められる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。