プロ入り前に不合格…広島育成1位大盛は成り上がる

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム> 社会人野球に行けなかったのに、プロ入りした選手がいる。
周りの大学生は3日連続で参加しているのに、自分だけ2日で帰される。東芝、西濃運輸、ヤマハ、東海理化、日本製紙石巻…。企業チームどころか、クラブチームからもNOを突きつけられたという。
「絶望のどん底でした。独立リーグで2年やって、ダメなら野球をやめなければならないと思った」。周囲の勧めでプロ志望届を提出していたことが幸いした。
担当スカウトの顔も知らなかった広島から、予想外の指名を受けた。広島に指名された8選手のうち、育成は大盛だけ。それでも「野球ができるだけで幸せ」と話す。
一方で「取材を受けるときは立場が一番下なことを思い知らされて悔しい」とも言う。面白いのは、そんな大盛が新人体力測定で1位になったことだ。線が細く見えるが、太もものパワー、ジャンプ力、反応スピード、持久力の総合点が8選手中トップだった。
相当に質のいい肉体なのだろう。「育成のカープで、大盛は花を咲かせられるだろうか。「今年中に何としても支配下登録されたいと鼻息は荒い。」
強いチームで目立つのは至難のわざだが、失うものは何もないということか。体力測定だけでなく、本業の野球でも活躍できれば、これほど痛快なストーリーはない。俊足、強肩、巧打の外野手。
大盛が一番下から成り上がる姿を見てみたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。