永久追放処分から復帰のメヒア マイナー契約合意にFA投手「俺より先に契約!どうなっている?」

大リーグ機構から永久追放処分を科され、昨年7月に球界復帰が認められたヘンリー・メヒア投手(29)が、レッドソックスとマイナー契約に合意した。
今季の所属先がまだ決まらないフリーエージェント(FA)の1人、ピーター・モイラン投手(40)は自身のツイッターでこうつぶやいている。「永久追放処分を科されたメヒアが俺より先に契約!このオフは一体どうなっているのだ?」。救援右腕のモイランは大リーグ12年間で通算499試合に登板。
昨季はブレーブスで39試合に登板して防御率4・45だった。通算99ホールドと実績十分。だが、このオフは動きの鈍さも影響してか、まだ今季の所属先が見つからない。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。