開幕投手はオレ!阪神メッセンジャーが歩むエース道

大役はmeのモノ! 阪神ランディ・メッセンジャー投手(37)が30日、甲子園室内練習場で自主トレを行い、力強く開幕投手に立候補した。
新助っ人マルテ、ジョンソンら外国人選手計6人が集結した甲子園室内練習場。1人遅れて登場したメッセンジャーは、冷気をものともせず、黙々とキャッチボールを続けた。前日29日深夜に再来日したばかりなのに、時差ぼけを感じさせない。
5年連続6度目の開幕投手-。目標が、その体を支配していた。「監督も期待してくれているし、そこに対して自分のできることをやりたい。」
監督の期待にしっかり応えられるように頑張りたい。開幕戦に向けて、沖縄キャンプは大切だと思う。しっかりとやっていきたい矢野監督はオフに事あるごとに開幕投手の白紙を強調してきた。
実績を踏まえればメッセンジャーはもちろん最有力候補。とはいえ、新加入した西やガルシアに若虎軍団までライバルは多い。昨季はチーム最多の11勝を記録しながら、終盤は右肩の蓄積疲労が影響して戦線離脱も経験。
それでもまだ大役を譲る気はサラサラない。昨年4月に国内FA権を取得。今季は日本人選手扱いとなる。
「イエス! 日本人! タイガースで今までやってきて光栄に思うよ」。名実ともに誰もが認める真のエースとなった。もともと人一倍強い責任感は増すばかりだ。
この日は新助っ人勢と初対面し、「助けが必要なら助けるよと伝えた。再来日一夜明けはウエートトレなど約2時間30分のメニューを消化。「自分に厳しく強くなるために、やっぱり優勝したい。」
「勝たせられるピッチングをしたい」。王手をかけている日米通算100勝を3・29ヤクルト戦で達成し、Vロードを突っ走る。もう、プランは綿密に立てられている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。