阪神・メッセンジャー 開幕譲らない 井川の5年連続&小山、江夏の6度目へ虎視眈々

阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が30日、2リーグ制となった50年以降では、井川に並ぶ球団史上最長タイの5年連続、小山、江夏の6度に並ぶ同最多タイの開幕投手に意欲を見せた。
引き締まった肉体が、変わらぬ意気込みの表れだった。メッセンジャーが4年連続、通算で5度務めている開幕投手へ熱い思いを口にした。「監督も期待してくれているし、そこに対して自分ができることをやっていって、監督の期待に応えられるようにしたい 今年も大役の座をつかめば、虎のレジェンドたちと肩を並べることになる。」
6度目となれば小山、江夏に並んで最多タイ。5年連続で大役を務めれば井川に並ぶ最長タイと、ともに2リーグ制となった50年以降では球団記録だ。「開幕戦に向けて沖縄キャンプは重要な期間だと思う。」
「そこへ向けてしっかりやっていきたい」。堂々とした口調で、開幕戦となる3月29日・ヤクルト戦(京セラドーム大阪)での登板を見据える。矢野監督は開幕投手候補として、メッセンジャーを筆頭に、FA移籍してきた西や、ガルシア、藤浪らの名前を挙げている。
競争をあおる意味も込め、現時点では白紙だ。ただ、実績と経験を考慮すれば、助っ人右腕が最有力候補となるのは間違いない。昨季はチーム唯一の2桁勝利となる11勝。
終盤に右肩のコンディション不良で離脱したが、173回2/3の投球回数もチーム1位だった。今年8月に38歳を迎えるが、「今年はしっかりやっていきたいということで、結構トレーニングをしてきたとオフの調整にも自信をのぞかせる。今季から日本選手扱いとなる右腕。」
「タイガースで今までやってきて、タイガースにいられたことを光栄に思う。もっとやっていかないといけないと思う。優勝をしたい。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。