阪神矢野監督「自分信じろ」全体ミーティングで訓示

阪神矢野燿大監督が31日、沖縄・読谷村にあるチーム宿舎で開かれた全体ミーティングで選手たちに訓示した。
全体ミーティングでは選手たちに伝えたい思いを語った。「まずは自分を信じること。あとは、どうありたいか。」
みんなやり方ばかり気にするけど、自分はどんな選手になりたいのか。どうやって試合に出て行くとか。例えば3割打つと決めたら、そこに向けての練習が出てくると内容を明かした。
新助っ人のジェフリー・マルテ内野手(27=ジャイアンツ)らは初対面。「そんなに僕も英語をペラペラしゃべれないんで。あいさつ程度ですけど。」
すごく笑顔で、みんなすごくいい表情で来てくれたので。頼もしいと第一印象を語った。<阪神新監督のキャンプイン前日のゲキ>▼99年野村克也=弱者のが勝つために 当たり前にやっていく。
弱いチームが強いチームが強いチームが強いチームと同じことをやっていちゃ、永久に勝てないんだ。▼02年星野仙一=野球に恋しろ オレは勝つために来たんだ。
野球に恋し、愛したんだから中途半端はダメ。もっとタイガースを愛せ、野球に恋し、愛したんだから中途半端はダメ。
自分で勝ち取らなアカンのや。でもその分、みんなにチャンスがあるんや。▼09年真弓明信=基本こそ大事 キャンプの前半には特に単純なメニューが多い。
野球の動きからするとつまらない練習になるかもしれないが、それが一番大事なこと。▼12年和田豊=熱さこそ大事 チームスローガン(「熱くなれ!!」)を胸にたたき込んで、1年間やっていこう。時間がたつと忘れることが多い。
今、一番必要なことだから。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。