センバツ初出場・札幌大谷に4月男子学生寮が誕生 春夏甲子園へ追い風

第91回センバツ高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)に初出場する札幌大谷に今年4月、待望の男子学生寮が誕生する。
昨秋の明治神宮大会で初出場優勝し、中等部の入部希望者も増加。最大目標である春、夏2季連続甲子園出場への追い風となりそうだ。札幌大谷に心強い施設が誕生する。
2009年4月に男女共学化されて10年を迎える今年、同校が初の男子学生寮を備えた。1月上旬に鉄筋コンクリート5階建てで、計37部屋を擁する同校近隣のマンション2棟を購入。今年4月に男女共学化されて10年を迎える今年、同校が初の男子学生寮を備えた。
待ちわびた待望の施設だ。元々は女子高だったため男子寮はなく、遠方からの入学者は学校指定の下宿で生活してきた。だが、中学生の入居は原則禁止だった。
道内で唯一の硬式野球部がある付属の中等部も、地方からの入学希望者は多いが、通える生徒か札幌市内に親戚がいて、同居の協力を得られる家庭に限られてきた。過去には遠方から通う選手もいた。エース右腕の西原健太(2年)は中学時代、実家の赤平市から2時間かけて通った。
午前4時に起床し、両親の車で特急の止まる滝川駅まで移動。滝川から札幌まで、特急定期を購入しての電車通学を続けた。今後は、学校管轄の寮となるため中学生の入居が可能。
通学時間を練習や勉強に注げる環境も整った。“日本一効果”も現れている。昨年11月の明治神宮大会を初出場優勝したことで、中等部の練習見学会には100人以上を越える小学生が足を運んだ。
13年秋に全道準優勝した翌春には、現2年生の西原ら最多の30人を越える入部希望者も見込まれる。
だが、太田英次総監督(51)は「(道外からの)入部希望者がいれば、断ることはない。ただ、北海道出身だからこそ意味があるよね」。明治神宮大会は部員全員が北海道出身だからこそ意味があるよね」。
次なる夢を抱いた道産子球児たちが、寮から羽ばたく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。