楽天高梨が侍稲葉監督前で貫禄、安打性わずか3本

楽天が誇る侍の「スペシャリスト」候補、高梨雄平投手(26)が貫禄を見せつけた。
視察した侍ジャパン稲葉監督も「独特の投げ方であったり、昨年見ていても右打者も左打者も打ちづらそう」と変則の中継ぎ左腕として期待を寄せる。本人は「今日は、ケガしていないぞっていう「生存確認」みたいな感じ(笑い)需要と供給じゃないけど(これまでは)大会のタイミングで必要とされる選手だったというだけ。
「候補に残るようなクオリティーの選手ではありたい」。ぶれないスタイルが異彩を放つ。日米野球の際に同僚の松井から教わった新球チェンジアップは投げなかったが、ブルペンでの感触は上々だ。
「左打者にも試しますけど、今日の僕のやりたいことを考えたら、別にいいかなと思って。緩急があれば、また変わってくると思うし、チェンジアップを投げることで他の球種がぼやけてしまうリスクもあると思う」。独自の投球哲学を極めていく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。