【巨人】岡本和真とビヤヌエバが紅白戦で4番サード対決

巨人の岡本和真内野手(22)と新外国人のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)が10日の紅白戦にそれぞれ「4番・三塁」で出場する。
午前中のシートノックではともに三塁の守備位置に就いた。前日の打撃練習中に会話を交わしていた2人。岡本の豪快なスイングを目の当たりにしたビヤヌエバが「すごいパワーを持っているね」と話し掛けていたのだという。
「新しく入ってきた人たちもいるので、そういう人たちに負けないようにしないといけない」と岡本が話せば「走攻守全てにおいて100%に近いものを出せたらいい」とビヤヌエバ。原監督も2人について「三塁手同士で、火花が出ていいね」と“4番対決”に期待をかけた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。