【楽天】新戦力〈5〉高校NO1左腕・佐藤智輝、シャトルラン2位

最速144キロの伸びのある真っすぐを武器とする本格派左腕のドラフト5位・佐藤智輝(18)=山形中央高=。
(球が)指にかからなかったと表情を曇らせた。1月の新人合同自主トレでは、恒例のシャトルランで2位。歴代最高となる143本を記録した育成1位の清宮(せいみや)虎多朗投手(18)=八千代松陰高=には及ばなかったが、138本をマーク。
これまでの新人記録だった森雄大投手の137本(13年)を上回った。投手に必要不可欠なスタミナは十分にある。「小学校1年から何が何でもプロになりたかった」。
研究熱心で、向上心も強い。山形中央高1年時から成長につながると感じたことはA4のノートに書き込んでいる。約3年で「ノート10冊以上は書いている」という。
同高2年からは自らの意思でヨガ教室に通った。股関節の可動域を広げることで球速が増し、最速は144キロにアップした。日米通算で182勝を挙げた石井一久ゼネラルマネジャー(45)も「高校生左腕ではナンバーワン」と、その潜在能力を認めている。
将来が楽しみな存在だ。◆佐藤 智輝(さとう・ともき) 2000年6月5日、山形・寒河江市生まれ、18歳。寒河江市立陵南中学校時代は軟式野球部でプレー。
山形中央高では1年夏から控えとしてベンチ入り。甲子園出場経験はなし。持ち球はカーブとスライダー。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。