第91回センバツ注目選手/7 阿部秀俊投手(盛岡大付・2年) タフな精神面、安定感

<第91回選抜高校野球>  堂々たるマウンドさばきがエースの風格を際立たせている。
身長168センチと小柄な左腕だ。速球も最速132キロにとどまる。それでも、得意のチェンジアップを織り交ぜ、打者に的を絞らせない。
同大会の奪三振は投球回数を上回る33。欲しい時に空振りを取れるのも魅力である。昨秋の岩手県大会では、「最速157キロ右腕として注目を浴びる佐々木朗希(大船渡)と準決勝で投げ合った。」
「夏の地方大会より多かった」と感じた観客。雰囲気は「アウェーのよう」。その中で完投し、7-5で競り勝った。
「精神面が相当に鍛えられた」と振り返る。関口監督が高く評価するのも精神面のタフさ。「舞台がどうであれ変わらないと信頼を寄せる。
チームが最後に甲子園に出場したのは2017年夏。同年春と同様、8強入りした。当時は1年生。
アルプススタンドから声援を送った。「一球で雰囲気が変わるのが甲子園。いいプレーを見せれば盛り上がる」。
遠くから眺めた聖地のマウンドに自ら立つ日が近づく。【村田隆和】=つづく。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。