小野VS藤浪11日阪神紅白戦そろって先発 24歳同級生ローテ枠かけ初実戦

「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)  同級生対決の勃発や。
鳴尾浜、先乗り合同自主トレ期間から積極的にブルペン入りし、ここまで状態を上げてきた。迎える初実戦のマウンド。「ブルペンと違って対バッター、状況も変わってくる。」
「ストライクをポンポンと投げて押していけたら」。投手陣で唯一、キャンプ初日から全球種を織り交ぜ投げ込んできた右腕が、打者へと臨む。小野は今オフ、投げない調整に着手。
新年を迎えると徐々に投げ始め、直球にこだわった投げ始め、直球にこだわった投げ始め、直球にこだわった投げ込みを続けてきた。
7日に行われた紅白戦では投手陣全体で4被弾。「バッターみんなが打っている。でもマイナスなイメージを持たずに今の野手をまずは抑えるぞという気持ちを持って投げたい」。
小野はより一層、表情を引き締めた。3連休の最終日。大入りの宜野座を沸かす、期待の若手2人の初実戦だ。
ローテ枠をかけたアピール合戦が、また一段と熱を帯びる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。