松坂の悲劇、サイン転売、選手への暴言…いま問われているファン側のモラル

衝撃のニュースが飛び込んできた。
中日球団は、今後しばらく、松坂がノースローで調整すると発表した。あってはならないことが起きた。身体が資本のプロ野球選手、アスリートが、一部のファンの手によって傷を負わされた。
今後はファンサービスの在り方や、選手とファンの距離感が問題となってくるはずだ。こういったことが起こるリスクは常に存在していた。ファンが選手の身体に触れたがったり、握手やハイタッチを求めることは、キャンプなどでは日常の光景だ。
引っ張られたら……ということを少なからず思っている選手もいるが、それでも選手たちはファンサービスを行ってきた。応援してくれることへの感謝を返す場として、そして、選手が怪我を負うようなことはファンはしないだろうと誰もが信じていたはず。それが、今回の一件で、選手が怪我を負うようなことはファンはしないだろうと誰もが信じていたはず。
ここ最近、ファンに関する問題が続発している。中日で言えば、数日前に松坂大輔投手や根尾昂内野手のサイン入りグッズがネットオークションで転売されていることが問題に。球団が注意を促す声明を出したほどだ。
サインをもらえなかったファンが選手に対して暴言を吐くこともあったし、選手が自らのSNSでファンへの“要望”を発信することもあった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。