DeNAドラ1・上茶谷「一番悪かった」 ブルペンで63球の投げ込み

DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22=東洋大)が11日、沖縄・宜野湾キャンプで63球の投げ込みを行った。
特に制球面と不満顔。三浦コーチからも「疲れが原因で力が入り、リリースが早くなっている」と指摘された。それでもドラ1右腕は、「こういうときだからこそ、逆に疲れたときの感覚も把握しておこうと思ってと軌道修正。
球数は当初、少な目の予定だったが、身体の重さを感じながら結果的に63球を投じた。第3クールでは打撃投手を務める予定で「プロ野球選手として初の対戦形式になるので、その中でまた何かをつかめたらいいなと思います」と前向き。“クレバーな投手”と評される理由が垣間見えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。