【MLB】雄星、キャンプ初日を振り返って

―キャンプ初日でしたが。
だからこそ自分自身で考えてやりながら、ルーティンを作っていくというところが求められると思うので、そこも楽しみのひとつです ―ゴンザレスと会話していましたね。「まだ、こう、いろんな詳しい話はできてませんけど、日本のこととか、アメリカのこととかをお互いに少しですね、聞き合いながら練習してました ―背番号18への思い。「やっぱり日本人の投手にとっては特別な番号ですし、岩隈さんが長い間つけて活躍されていましたんで、この流れに乗っかってというか、いい形で応えられるように頑張りたいと思います ―明日はブルペン。」
明日のテーマは?「まず、どういう形でブルペンに入るのかとか、流れとかっていうのがまだつかめてませんので、明日はそういうシステムだったりとか、どういう形になるのかというのをまず確かめながら。あと、捕手も新しい、初めて投げる捕手ばかりだと思うのでコミュニケーションを取りながらやっていきたいと思います」 ―どんな球を投げられそう?「まだ調整段階ではあるんですけど、オフシーズンにやってきたことをしっかり出せるように、明日からしっかりアピールしたいと思います」 ―昨日から今日までは平静に過ごせたか「はい(笑)よく寝れました」 ―練習時間以外に戸惑ったことは?「うーん、まあ、練習短いっていうのが一番ですね。
アップの時間も短かったですね。
周りが終わったのを見て、ちょっと早く終わらなきゃなって(苦笑)、僕自身もちょっと足りなかった部分もあったんですけど。でも、やりすぎてはいけないという難しさもあると思うが?「日本だと3勤1休、4勤1休っていうのがキャンプでしたけど、しばらく練習も休みなく続きますし、そういう中で、抑えるところは抑えながら。」
少ない球数の中で高い質を求めていきたいなと思います ―ミーティングなどの会話の中で、今日、心に残った言葉はあったか?「うーん、とにかく競争だ、と監督もおっしゃってましたし。今日34名の選手いたんですけど、やっぱり本当にアピールして勝ち取って、開幕の椅子っていうのをつかみ取りにいかないといけないなというふうに改めて思いました」 ―練習の後はファンのサイン攻めにあっていたが、期待を感じるところもあるか?「そうですね、やはりファンの方々も、日本人の方もたくさんいましたし、そういう意味ではとにかく期待にこたえたいというふうには思いますね」 ―高校時代から数えると12年間温めてきた夢がかなったと思うが、楽しかった以外に具体的な感想はないか?「そうですね。ほんとうに、純粋に楽しいっていうのが一番先に来てしまうんですけど。
あとは本当に、うーん、責任を持ってやりたいなっていうのは強く感じます ―今日の69番の選手がキャッチボール相手になるのか「どういうシステムかはわからないですけど、そうなんですかね、わかんないです」 ―みんなにはYKと呼ばれているのか?「選手にはユウセイっていうのが多いですけど、スタッフとか監督はYKですね」 ―どっちがいいか?「明後日、みなさん、こう野手も集まるところで自己紹介の時間があるっていうので、プリーズ・コール・ミー・ユウセイで(笑)」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。