【MLB】大谷翔平、新人王評価でLAスポーツ界トップ10に選出 「期待に応えた」

メジャー2年目のシーズンを迎えるエンゼルスの大谷翔平投手。
ドジャース公式ブログ「ドジャー・インサイダー」は「LAスポーツ賞の投票が本日開始」と見出しを付け、LAスポーツカウンシルが主催、エントリーした2018年スポーツ界で起こった最高の出来事を投票し、結果は3月25日(日本時間26日)にビバリーヒルトンで開催される第14回LAスポーツ授賞式で発表されることを伝えている。ワールドシリーズ最長試合でドジャースを勝利に導いたマンシーのサヨナラ本塁打、平昌五輪で金メダルを獲得したクロエ・キムなど様々なスポーツがノミネートされる中、ルーキーイヤーで大活躍した大谷もエントリーされ「ベーブ・ルースと比較される中、期待に応えた」と選考理由が綴られている。
以下はLAスポーツ賞にノミネートされた10項目1 ショウヘイ・オオタニがア・リーグ新人王を受賞2 平昌でクロエ・キムが金メダル獲得3 (NBA)レブロン・ジェームズがレイカーズと契約4 ブラディミール・ゲレーロが野球殿堂入り5 マイク・ソーシアがエンゼルスの監督を辞任6 ワールドシリーズ最長試合でドジャースを勝利に導いたマンシーのサヨナラ本塁打7 (MLS)LAFCの素晴らしいデビューシーズン9 (NFL)チャージャーズがAFC最高成績タイでシーズンを終えてプレーオフ進出。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。