【MLB】菊池雄星、充実のメジャーキャンプ初日 「本当に楽しい時間を過ごせました」

西武からポスティングシステム(入札制度)でマリナーズに移籍した菊池雄星投手が12日(日本時間13日)、米アリゾナでメジャーキャンプをスタートさせた。
それでも“メジャー流”のルーティンを作っていくことが求められると思う。そこも楽しみですと口にした。
キャンプ初のブルペン入りは13日(同14)になる予定で「流れとかまだ掴めていませんので明日はそういうシステムとか確かめながら。初めて投げるキャッチャーばかりだと思うのでコミュニケーションとってやっていきたい。まだ調整段階ですが、しっかりとオフシーズンやってきたことを出せるようにしっかりとアピールしていきたい」と力を込めた。
日本ではエース番号でもある「18」のユニホーム姿には「日本人のピッチャーにとっては特別な番号ですし。岩隈さんが長い間つけて活躍していましたし。その流れに乗っかってというか、いい形で応えられるように投げたいと思う」と、先輩に続く活躍を誓っていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。