オリックス新外国人・エップラー、ランチ打撃に登板「気持ちの高ぶりを感じた」

オリックスの新外国人、タイラー・エップラー投手(26)=前パイレーツ3A=が13日、キャンプのランチタイム中の打撃練習に登板。
投球を見守った西村徳文監督(59)も「徐々によくなっていくと思う。心配はしていない」。エップラーは今後、ブルペンで調整し、17日に行われる紅白戦で1イニングのみ登板する予定となっている。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。