ノールック送球、最強モリーナの「キャノン砲」も…MLB捕手美技集が凄すぎる

野球の守備位置で、1人だけ逆方向を向いているポジションがある。
「キャッチャーに愛を示すべきだ」というメッセージとともに公開された2本立ての動画は、ファインプレーなどが少なく、地味な印象のあるキャッチャーのスーパープレーが集められた、プレミアムなものになっている。最初に登場するのは、オールスター選出4回を誇るポール・ロデューカだ。
キャッチした後、そのままベンチに突っ込んでしまうほどの闘志あふれるプレーを見せた。一歩間違えれば大けがにつながってしまうような危険なプレーだったが、ベンチの選手に支えられたこともあり、無事だった。ヤンキースの正捕手、ゲーリー・サンチェスも動画に登場している。
捕球に関しては評価が高くない同選手。収録されているプレーもチャップマンの100マイル(約161キロ)を逸らしてしまうところから始まるものだったが、そのボールはフェンスに跳ね返りなんとサンチェスのミットへ。走り出していた二塁ランナーを自慢の強肩で仕留めてみせた。
“現役最高捕手”と名高いヤディアー・モリ―ナはプエルトリコの代表ユニフォーム姿で2本目の動画の最後に登場。盗塁を試みたランナーにとって、9度のゴールドグラブ賞受賞のモリーナは相手が悪かった。コンパクトな送球動作でセカンドにキャノン砲が“炸裂”。
完璧なストライク送球でランナーを捉えた。ほかにも、引退を発表したジョー・マウアーや、モリーナと“現役最高捕手”の声を二分するバスター・ポージーといった名手のプレーが収録されているこの動画。ファンは興奮を隠せない様子だ。
「ダイヤモンドで最高のポジションだ」「ゲーリー・サンチェスが捕球できたことは信じられない。彼のキャリアの中で唯一の良い守備だ」「なぜヤディのハイライトが1つだけなんだ?」「史上最高選手を見るためにこの動画を全部見た」「マイク・ピアザはいないの?」「ヤディのキャノン砲」「最もタフなポジション」「愛すべき全てのジョー・マウアーのハイライト」「気に入ったよ」「締めは史上最高選手#ヤディ」 野手の中でも負担が大きいといわれているキャッチャー。その中でこの動画のようなプレーを平然とやってのけるのがメジャーリーガーの凄みだろう。
あと1か月近くに迫った新シーズンで、どのような感動を与えてくれるだろうか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。