13年ぶり…平石監督にまた勇気もらった/潜入記者

「頑張れよ」と肩をたたいてくれた手は、変わらず大きかった。
言葉がなかなか出なかった。小学6年、楽天の創設2年目の06年。宮城・利府町での野球教室で選手時代の指揮官に指導を受けた。
「塩川さんも! 大広さんもいました!」と何とか伝えると、「マジか!」と笑ってくれた。小学5年で楽天ができ、共に育ってきた。小4で入団した野球チームは「絶対に辞めないで」と監督に懇願されるほど部員不足だったが人数が激増。
みんなでクリムゾンレッドのユニホームに憧れた。11年、高校2年時に東日本大震災。余震の恐怖は今でも心に残るが、球場にいる時は嫌な気持ちを忘れることができた。
13年、リーグ優勝は西武ドームの右翼席で見た。日本一は、みんなで泣いた。幼い頃に夢見た「楽天に入る」という目標は破れたが4月で入社4年目。
野球に携わる仕事に就けた。「平石チルドレン1号の記者ですと監督に伝えると「なんでやねん! でも頑張れよ」と肩をたたいてくれた。ブルペンでは大卒2年目左腕の渡辺佑が「1軍に定着できるように」と必死に投げる姿に目を奪われた。
嶋を始め、若手もベテランも必死に汗を流すキャンプ。僕の心に刻まれた「見せましょう、野球の底力を」の言葉。その力を伝える勇気を、またもらった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。