【MLB】菊池雄星、ブルペンスロー動画が話題 米ファン「本当にボールを隠すのがうまい」

西武からポスティングシステム(入札制度)でマリナーズに移籍した菊池雄星投手は13日(日本時間14日)、アリゾナ州ピオリアでのキャンプで初めてブルペン入りした。
「ボールがリリースされる直前まで死角に見せる彼のフォームが気に入った」「ユウセイ・キクチがクマの昔の背番号(のユニフォーム)をうまく着こなしてるところが、いいじゃないか」「彼がどれだけうまくボールを見せないようにしているか、見てごらんよ」「ガンバッテ・キクチサン!」「素晴らしい球だ。試合で勝ってくれよ!」「クマって18番を着けてなかったっけ?」「なんてこった、僕のお気に入りの選手は本当にボールを隠すのがうまい……この男を打ち崩すのは難しいよ」「Dice-K?」「これはめっちゃ素晴らしいな」「この若者を気に入ったぞ」 米ファンたちがブルペンでのスロー動画で注目したのは菊池の投球フォーム。テークバックの際にボールの出所が分かりづらく「直前まで死角に見せる」「うまくボールを見せないようにしている」と称賛。
メジャー1年目のルーキー左腕は早くもファンの心を掴んだようだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。