オリは3度目紅白戦、鷹はサインプレー練習…14日のパ・リーグキャンプ見所

2月1日から始まったパ・リーグ各球団の春季キャンプも、ちょうど2週間目。
ここまでは山本、竹安、山崎颯といった期待の若手が好投し、松葉や小林も存在感を発揮。打線は少々元気がないが、安達が10日に2打数2安打1打点と好調をアピールした。彼らに続いて首脳陣にアピールする選手はいったい誰になるだろう。
○ルーキー2人がプロのサインプレー練習に挑む ソフトバンクは午前中にサインプレーの練習を予定。重盗防止を含めた細かいプレーの精度を高める見通しだ。投手陣では中田、二保、武田、田中、高橋礼に加えて、ルーキーの甲斐野と杉山も参加予定。
ここまで存在感を発揮している新人が、プロの緻密なサインにどう対応するか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。