侍ジャパンは台湾、ベネズエラ、プエルトリコと同組

20年の東京オリンピック(五輪)出場権がかかる第2回プレミア12(11月2~17日)のグループ組み合わせが決まった。
台湾は第1回大会で日本のプロ野球で活躍する陽岱鋼(当時日本ハムに加入した「大王」こと王柏融も出場した。開催地でもあり、日本はアウェーの中で戦わなければならない。ベネズエラとは15年の前回大会1次ラウンドで対戦し、今季から日本ハムに加入した「大王」こと王柏融も出場した。開催地でもあり、日本はアウェーの中で戦わなければならない。
プエルトリコも前回大会準々決勝で対戦し、9-3で快勝。一方で13年WBC準決勝では1-3で快勝。一方で13年WBC準決勝では1-3で大会3連覇の夢がついえた因縁の相手でもある。
C組は3位韓国、5位キューバ、7位オーストラリア、10位カナダとなった。各グループの上位2カ国は同月11日から16日に東京ドームとZOZOマリンで行われる。東京五輪出場権は開催国として出場が確定している日本を除いた5カ国は同月11日から16日に東京ドームとZOZOマリンで行われる。
プレミア12ではアジア・オセアニアと米大陸に1枠ずつが与えられる。第1回大会となった15年は日本は準決勝で韓国に3-4で敗れて3位。6チームを2組に分けた1次ラウンドでは初戦で大谷(当時日本ハム)が韓国から10三振を奪うなど5-0で快勝。
メキシコ、ドミニカ共和国、米国、ベネズエラに5戦全勝で突破した。準決勝のプエルトリコ戦は9-3で勝利。準々決勝のプエルトリコ戦は9-3で勝利。準々決勝のプエルトリコ戦は9-3で勝利。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。