日本ハムのドラフト戦略で分かる先見の明/里崎智也

日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(42)が日本ハムの2軍キャンプを視察。
ともに体が大きく、まだ粗削りだが魅力的。日本ハムのドラフト戦略からは組織力の高さと先見の明を感じる。強い組織は5年後、10年後を見越してチームを編成する。
中田や大田もまもなく30歳。今のレギュラークラスの年齢を踏まえ、世代交代が進んだ時にどこが足りなくなるかを考えて、次世代をしっかり準備する。そこに魅力ある選手がいる。
下位指名ならリスクも少ない。対して弱い組織は、選手を取ってからどう起用するか考える。野村や万波を無理に1軍に連れて行かず、2軍でじっくり育てるのも組織として評価が高い。
1位の吉田輝星投手(18=金足農)もそうだが、今使おうと思って指名していない。次世代候補をうまく高校生で編成している。トレードやFAで選手が抜けても、次に出てくる人材を育てている。
そういう戦略がうまいから、チームとしていい成績を残しやすい。この日、中田が左内転筋肉離れと診断されたが、主力が欠けても次を担う若手が出てくる。それは「たまたま」ではない。
準備している。だから必ず代わりがいる。日本ハムは危機管理能力が高い。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。