大谷翔平、5月復帰予定も気合十分「もっと早く行く」

昨季新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手(24)が13日(日本時間14日)、アリゾナ州テンピでキャンプ初日を迎え、ウェートトレーニングなど別メニューで調整した。
焦る様子も、悲観した様子もない。大谷はチームメートとのキャンプインに心を躍らせた。「すごくワクワクもしていますし、メンバーもかなり代わって、監督も代わったので、どういう感じで進んでいくのかなと、早めに確認しながらやりたい」。
2年目へ向けて、笑顔で初日を終えた。昨季10月に右肘の手術を受け、今季は打者に専念。「7、8割ですねという力で8日に素振りを再開したばかりで、バッテリー組とは完全に別メニューだった。」
この日はユニホームを着ずにバットを握らず、1人ウェートトレなどで調整。試合出場に飢える大谷は「選手が早くプレーしたいというのは、当然のこと。手術の部分(右肘)はトレーニングをしていて問題ないですし、早く次のステップとか早い段階に行きたいなと思うのが普通」と当たり前のように言い切った。
そこにストップをかけるのがオースマス監督だ。大谷も理解し「我慢しながら行きたい。」
(監督との)バランスは今のところ取れていると思いますとうなずいた。これまでいくつもの常識を覆してきた24歳は「僕は(5月より)もっと早く行くつもりでいます」と意気込む。動きが制限される現状のもどかしさも「今はない。
ある程度投げられない、こういう感じなんだろうなと予想してきたのでと言う。地道なトレーニングが続くが「一個一個のメニューの消化が、より早く復帰するためのひとつかなと思っている」と前を見続けている。2年目の挑戦はゆっくりと始まった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。