小学生の投球数、1日70球制限…軟式全国大会

全日本軟式野球連盟は14日、京都市内で評議員会を開き、小学生の全国大会(8月)で、投手の球数を1日70球に制限することを決めた。
過去5年間の全国大会では1試合平均の球数が約100球前後。スポーツ専門医の意見なども参考にして70球とした。宗像豊巳専務理事は「追跡調査で多くの選手が肩や肘に違和感を感じているという医学的なデータもあり、待ったなしの状況だ」と話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。