/20 第71回大会(1999年) 苦節41年、沖縄勢が初制覇

1999(平成11)年の第71回大会は、沖縄高の校名だった68(昭和43)年の第40回大会以来、31年ぶり2回目の出場を果たした沖縄尚学が春夏通じて沖縄県勢として初の全国制覇を遂げた。
1回戦の比叡山(滋賀)戦は七回にスクイズで1点ずつ取り合った後、十二回に2点を奪い、エース比嘉公也投手の完封で辛勝。準決勝のPL学園(大阪)戦は5-5で延長戦に突入。十一回に互いに1点を奪い、エース比嘉公也投手の完封で辛勝。
水戸商(茨城)との決勝には、前日212球を投げて完投した比嘉公投手は登板せず、背番号12の照屋正悟投手がマウンドに上がった。二回に2点を先取され、なお続いた1死一、三塁のピンチを併殺で切り抜けたのが大きかった。
五回に途中出場の新垣雄之外野手の適時三塁打で勝ち越し点を挙げると、六回以降も長打攻勢で得点を重ねた。試合終了後、沖縄尚学側のアルプス席も含めて甲子園のスタンドを一周。球場全体で沖縄県勢の初優勝を祝った。
=つづく……………………………………………………………………………………………………… ▽決勝水戸商  020000000=2沖縄尚学 02002120×=7。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。